障害福祉サービス事業所
だからこそ、
人の人生を
サポートすることができる。

PROFILE

障害福祉サービス事業所
第二むつみ園(自立訓練)

田上 萌[2014年入社]

日々の地道な自立支援が
その方の成長や将来に活きたと実感できた瞬間にやりがいを感じています。

ご利用者様が、将来自立した生活を送ることができるよう
目指す社会人像へ近づけるよう一緒に挑戦し、応援しています。

現在は養護学校を卒業された若いご利用者様へ、将来自立した生活を送ることができるようスキルを学んで頂く為の訓練を提供しています。挨拶や報連相の練習から農業体験、作業訓練、お金の勉強、調理実習、体力づくり等々…その取り組み内容は様々です。どのような支援がその方にとっての成果に繋がるのかは明確でないことが多く日々悩んでいますが、一緒に挑戦し時には失敗もしながら経験値を上げ、その方が目指す社会人像へ近づけるよう応援することが役目だと思っています。

日々の支援がその方の成長に活きたと実感できる瞬間に
一緒に切磋琢磨してきた達成感を感じます!

担当利用者様の「変化」を感じられた時です。毎日一緒に過ごしているとなかなか気付きにくいのですが、他部署の職員さんからふと「○○さん、挨拶がしっかりできるようになったね」と声を掛けてもらえた時に自分でも驚くほど嬉しくなりました。勿論、ご本人の努力の結果であるのですが、日々の支援がその方の成長に活きたと実感できる瞬間に「やっていて良かった」と思えます。

オフタイムOff time

オンの時に思いきり仕事と向き合えるように
メリハリをつけることを意識しています。

買い物や、子どもとお菓子作りをして思い切り楽しむ日、敢えて何も予定を入れずに思いきり休む日を作り、オンの時に思いきり仕事と向き合えるようにメリハリをつけることを意識しています。最近は、二十歳前後の若いご利用者様の体力についていけるようYoutubeで良さそうな筋トレ動画を見つけては体を動かすことにハマっています。

MESSAGE

仕事は、真剣になればなるほど喜びは大きく、
仕事で関わる人たちと嬉しさを共有する時間が癖になります。

「頑張りたい気持ち」を尊重してもらえる職場環境が魅力のひとつです。

常にニーズの変化に気付き対応していく必要のある大変な仕事かもしれません。ですが真剣になればなるほど支援がうまくいったと感じた時の喜びは大きく、またご利用者様と嬉しさを共有する時間が癖になります。是非、経験してみてください。

障害福祉サービス事業所
第二むつみ園田上 萌

他の先輩を見てみる

pagetop